2024-01-05 16:59:00

令和6年能登半島地震災害義援金の送り先

スクリーンショット 2024-01-05 165608.png

 

ちょっと画質が悪くて恐縮ですが、昨日石川県知事から投稿された義援金の送り先です。

<義援金の振込先>

●受取人口座名義: 石川県令和6年能登半島地震災害義援金
●振込先銀行名:北國銀行 県庁支店
●口座番号:普通預金28593

だそうです。

ご参考になれば幸いです!

 

2024-01-03 19:39:00

本年もどうぞよろしくお願いします!

お正月.jpg

 

明けましておめでとうございます!

 

令和6年の日本は、新年早々大変な地震や事故が起きてしまいました。被災された方、被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。

 

でも、地震や事故はいつどこで誰に降り掛かってくるか分かりません。困った時はお互い様、私も赤十字に寄付をして、少しでもお手伝いができればと思う次第です。赤十字は現在、義援金の受付の準備中らしいので、公開され次第お金を送りたいと思います。

 

【第1報】令和6年能登半島地震にかかる日本赤十字社の対応等について

 

明日から仕事始めの方も多いかと存じます。2024年、皆様におかれましては、今までで最高の一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます!

 

更に一層活躍できるよう、弊事務所も頑張っていきたいと思います。本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

2023-12-21 19:58:00

FMラジオ番組『先生's カフェ』に出演しました!

24744535_s.jpg

(※ 写真はイメ-ジで、実際の収録現場ではありません。)

 

奈良どっとFMの番組紹介ペ-ジ

【音源】先生’s カフェ(2023年12月19日15:30-16:00)

 

御縁があり、去る12月19日に、奈良県行政書士会名誉会長の遠山健太郎先生がMCをお務めの『先生's カフェ』という番組にゲスト出演させていただき、行政書士という仕事についての思いをお話しさせていただきました。一緒に出演したのは、同じく奈良行政書士会所属の喜多光先生です。

 

音源も、よかったらお聞きください!

 

※ 今日12/21は奈良行政書士会で研修を受けたのですが、その折に何人かの先輩先生に「ラジオ聞きましたよ!」と言われ、恐縮でした!聞いてくださった皆様、ありがとうございます!

 

2023-12-16 22:39:00

簿記2級に合格しました!

23329881_s.jpg

 

 

こんばんは!
行政書士の菊川です。

 

さて、数週間前になるのですが、日商簿記2級のテストに合格しました!
うれしいので、ここでも報告させてください。

 

そもそも簿記の勉強は2022年11月の末から始めました。
その時まで学習経験は全くなく、「ボキって何?」から勉強しました。
1月の中頃に3級取れて、「あれ?これ2級も行けるんじゃないの?」と思って通信講座を受講したのが泥沼の始まり。
5月合格の目標が6月になり、8月になり、どんどん後にずれて行きました。

  • そして9月に2級テストの1回目を受験しましたが、点数遠く及ばず。
  • 11月初旬に2回目受験、1点差で不合格!
  • 11月末、3度目の正直でやっと合格!

 

めでたし!これで受験生生活から脱出できました。

 

別に私は道楽で簿記を勉強していた訳ではありません。
「貸借対照表」とか「損益計算表」などの意味が分かるようになりたかったのです。
こういう知識は行政書士にも必要だ、という先生の話を聞いたことがあります。
身についた知識を、最大限本業に活かして行きたいと思います。

 

それにしても、2級の勉強をする過程で、商業簿記・工業簿記の様々なことを学ぶことができました。
大きな言い方をすれば、簿記は人々の経済活動を効率化するために、頭のいい人々が作り上げたシステムです。
2級の範囲はまだそのシステムの片鱗だろうと思いますが、その一端に触れる機会を持つことができて本当によかったです。
悔いはありません。

 

覚えたことを忘れないようにしたいと思います。

 

最後までお読みくださりありがとうございました! 

 

2023-08-27 11:53:00

まずは冷静に写真を! 災害で住まいが壊れた時

 01_tirasi_page-0001.jpg

 

私の所属している自治会は、大変コマメに回覧を回してくださいます。最近受け取った回覧に上記のようなチラシが入っていました。内閣府が配布する「住まいが被害を受けた時に最初にすること」という資料です。地震や水害などの災害で、住んでいる家が損傷した場合に、罹(り)災証明を取るために必要なことが書かれています。

 

住まいが被害を受けた場合、保険会社に保険金を請求したり、職場や市町村に支援を求める必要があります。その時に必要になるのが罹(り)災証明です。

 

自然災害の罹(り)災証明書は市町村が発行します。(※ 火事の場合は消防署が発行します。)

 

被害を受けた人は市町村に申請書を提出し、証明書の発行を請求します。この時に、証拠になる写真などが必要になります。今回ご紹介するチラシには、こうしたことが書いてあります。

 

具体的に申請する方法は、市町村の役所・役場のホ-ムペ-ジにあると思います。自治体によっては、携帯で申請できるところもあるようです。(残念ながら、我が王寺町は書面のみ対応可のようですが…)

 

罹災証明書の発行申請

 

もしもの時のために頭の隅においておくと良いかも知れません。

 

日本政府はこの他にも、災害に備える有益な情報を提供しています。ぜひ、ご参考になさってください。

 

 

防災についてのお話でした!